今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

腰痛初心者が必ずやってしまう6つのアクションと5つの治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちわ、加藤です

今回は腰痛初心者さんに出てくるあるあるについて書いていきます

「腰痛初心者の定義」とは

いままで腰痛なんてなったことがなくて

腰の痛みなどわかんないし・・・というひとが、

その後自分が腰痛になってしまった
人の事を指します

 

腰が痛い事をわかってもらおうとアピールをするが、なかなか理解されない

 

当然ですが今までの人生で腰痛になったことがないわけです

 

そんな時に突然自分が腰痛になってしまいますが

近くに同じ腰痛もちさんがいないと、なかなか痛みに理解してもらえません

腰痛はなったことがない人にはわからないものです

なかなか理解されない理由を考えてみた、

これが例えば風邪とかだったら、理解度が違うと思うんですよ

風邪の場合ならば目に見えて周りにもアピールができます

咳をしてみたり、

 

熱があがったり、

苦しそうにしている

なおかつ、風邪は必ずとは言いませんが一度はひいたことはあると思うので同情もしてくれます

所が、腰痛の場合はなかなかそうはいきません

これはなんでかなぁ?とさらに考えてみると意外な事実も判明しました

それは、

「治る時期がわからないということ」

風邪ってだいたい一週間ぐらいで治るじゃないですか?

でも腰痛っていつまでたってもよくならないし、そのままずっと腰が痛い
状況が続くこもあります

一度なってしまうと「わかる」「わかる」となりますがなってみて
始めてお互いの気持ちが理解できるのではないかな?と

結婚したことがない人に、子供って大変だけど
結婚生活はいいもんだよぉと伝えても
なかなか理解されないじゃないですか?

 

このへんも含めていくと

腰痛初心者さんはこれからが大変なわけです

でもきもちがわかるようになる事って大事です

 

コルセットをしたまま寝てしまう

腰痛になるとコルセットを買ったりするわけです、

んでこのコルセットの特徴を先にあげますと

「とにかく腰が楽」というすごく幸せな環境が続きます

勿論腰の痛みが治っているわけではありませんのが
やはり楽なのには勝てないです

仕事でもつける、

さすがにお風呂でもつけるというのはないと思いますが

それでもやはり安心感が違うわけです

「腰痛が楽になった」

すべてがこの一言に集約されるため

今度はコルセットをつけたまま寝てしまうわけです

すると朝起きた時に大変なことが起こります

それは

「腰が余計に痛くなる」

ちなみに何回も過去にコルセットつけている患者さんに
「寝ているときは外してくださいね」とお伝えしてますが、なかなか

いう事を聞いてくれません、

コルセットを付けて寝ていると何で腰痛が酷くなるのか?

考えてみると、動きが極端に少ないのもダメなのかなと寝ているときは
ほとんど動かない事もありますしね

あとは重力の問題で立ったり座ったりの動作がないのも腰痛にとっては
よくないのかもしれないです

そしてこの現象は夜に寝てしまいというので起こる
事は少なく多いのは日中だったりします

昼寝ですね

ついテレビをみていて横になっていると
だんだんと睡魔が襲ってきます
寝てしまって起きた時には

腰が痛くなっている

コルセットを使うときの注意点は
家についたら腰が痛くてもコルセットは外すべきだと

私は考えています

 

 

痛いのを確認したがる

良くなるまで触らないでほしい、動かさないでほしい

というのが僕らの願いです

痛みが起きているので、そこはほっといてあげて、と言いたいです

というか言ってます

これは

擦りむいたところ一緒で腰痛も腰を固めて安定させる時期も必要です

ですが、

「そんなの関係ねぇ」と言わんばかりに腰痛初心者さんは

動き始めます、痛い腰がどれぐらい痛いのか
確認する癖がでてきます

確認をするとやっぱり腰が痛いのは痛いわけです

勿論腰痛の原因を説明したり治療の際に患者さんにもお伝えしますが

何度説明をさせていただいてもやってしまう物はやってしまいます

ですが、腰痛は必ず収まってきますので今すぐに

(純粋な腰痛の場合、内臓の病気でなっている場合はこの限りではありません)

安心できないのもわかりますが心配しないでください

腰の動きも以前の痛みに耐えられるように
強化させていくのが治療院の仕事になります

ひねる動きをやめない

当然ですが、腰が痛いと、したいこともできないわけで

例えば、スポーツ

ゴルフとか

サッカー

野球

ゲートボール

テニス

ゲートボール以外は必ず体をひねるという動作が入ってきます。

激しいスポーツで腰痛になりやすい人は
このひねる動きが付きまとうわけです

後は庭掃除や洗濯などもそうです、人間は必ず
ひねる動きを体のどこかに出していきます

 

また仕事の中でも車の運転をしている仕事は特に注意が必要です

車の運転でひねる動作ができない事もあります。

こういうときもあわてないでください

まずは腰痛をしっかりなおしていきましょう

施術する側からしますと
このひねる動きをできるようにしていくのも

治療の醍醐味といえます

これも安心してください、必ず良くなります

腰痛予防は一日にしてならずですね

朝起きるときに痛みが治っていないか?確認して病院に行くか?考える日が続く

腰痛常連の方はすでに朝はあきらめに入っている人も多いのですが、
腰痛初心者さんはそうもいきません

僕も昔、空手をやっていた際に腰が痛くなり、しかも中学生のころでしたが
治るまでは毎日が地獄の連続でした

とくにこの朝の容態がよくなっていないか?

一週間毎日確認していたほどです

「今日は大丈夫かな?治っていないかな?」とおきて腰が痛くないのを確認しようと
いますが、その際に、必ずズキっとしていて

「今日もダメだ」と痛い腰をさすりながら学校に向かった記憶があります

腰痛になりたての方はほぼこんな感じなんだろうなと、

ところがここでしっかり治しておかないと、後になってずっと痛みが続きます

これが何年も続くとそれに慣れっこになってしまいます

そしておっかない話ですがある日痛みがとまらなくなってきてそれから
病院にいくわけです

ところがどこに行っていいのかわからない

僕の場合は、腰痛初心者の時に、病院にすぐに行けばよかったのですが

結局ひどくなり、「年齢は関係ないなと」痛感したのが
中学生のころでした

歩き方もぶっかこうですし、何より心配されたがりの部分もあったので
内心では
「みんなに心配されることが嬉しい」という頭の悪い方向に考えていました

早く治せよって話ですが

なんだか最初のうちは色々免除されることがとても幸福な気持ちだった

んだと思います

だけどそんな日も終わりを迎えます

それは、だんだんみんながめんどくさくなっているのがわかる

という現実です

確かに最初のころは一生懸命してくれていた気もしますが

結局は自分の自己ケアの問題だという事に皆が気づき
僕の元を去っていきました

「これ治さないといいかげんやばいなぁ」と思ったので
とっとと治しにいくとあっさり治ったので

「えっ・・・?」って感じでした

そう治ってしまったんです、

朝起きる時に痛みの確認をしても解決してくれませんし
年齢をとは言いませんが

腰痛年数を重ねていくと、治るのも遅くなりますし

なにより時間がたってくると

「痛い痛い」と言われるたびに「早く病院行きなよ」とあなたに

いうと思う

それを無視していると最終的に周りは
「この人、いったことも聞かないし腰が痛い痛いって

いつもいつもめんどくさいなぁ」

と思って自然と離れていくと思います

職場に行って「腰が痛いのよね」と愚痴を最初は言えますが

あなたが愚痴っている相手は

医者でもなんでもなく、同僚さんでしかありません

仕事も変わってもらえるかもしれませんが

裏で何を言われているのかわからない恐怖はあります

あなたが腰痛は職場ではなく

病院や整骨院の先生にそうだんしてださい

 

きっといい結果が出てきます

 

腰痛の施術をやってもらった日はいいんだけれど次の日は、また腰が痛い

 

これ一番あるあるだと思うんですよ

意を決して病院や整骨院にいった、行ったのに次の日にはまた痛い

いやなんだか昨日と変わらないんだけれど

こうなるとちょっとした絶望だと思います

あなたはもしかしたら、腰痛治療をうけたのだからすぐによくなる
って思うかもしれないですし、

行っても治らないから自分はひどい

腰痛なのだと落ち込むかもしれません

実際問題腰痛の本当の原因は不明です

というか85パーセント以上

の腰痛は原因がわからないといわれています

 

こういった数値もあるので、本当に何が原因で腰痛になっているのか?

解明されていない事も多々あります、
例えばヘルニアに関しても

ヘルニアっていうのは、骨の中心に液体が入っているのですが
それが骨の外に漏れてくるものと言われています

ものすごく痛いという人もいますけれど
全く痛くないという人もいる

こういったことも実際に起こっているので、
ヘルニアだから、腰が痛いとかではなくその人それぞれによって
原因も違います

 

 

とはいっても治らないのは事実なので、落ち込みますよね

僕のところに来てくれる患者さんでもそうですが

何かしらの期待をみなさんもって、

勿論治ると思ってくるのでしょうね

僕らにできることはこういった患者さんやもしくは今腰痛で

悩んでいるあなたの腰をいち早く解消することに全力を

注ぐべきだと思っています

思っているわけだけではなく、どうやったらよくなるのか?

どうして腰痛になりやすいのか?

いつも僕らは研究しております

そして成果を出せるように、勉強していきます

腰痛初心者さんにお伝えしたい事

大きな病気でも腰痛でも早め早めに症状を見つけて

解決してくことがあなたが明日も健康に過ごせるのか?

が決まります

ほっておいても大丈夫だろうとか、以前もちょっと痛めたけれど

すぐに治ったから心配ないんだとは思わないでください

僕のところに来る患者さんも初めはみなさん腰痛初心者さんたち

だったんです

でも仕事で忙しいとか、旦那さんに病院に行くっていうと

嫌な顔をされるとか、先にも書きましたが職場で痛い痛いって

行ってても病院に行かない、または暇がない

って腰痛の問題を先送りにしていました

この結果今現在になって腰痛の症状がどんどんひどくなってきて

ようやく病院にいきます

その結果中には「ヘルニア」と言われたり

「座骨神経痛、ざこつしんけいつう」という

足のしびれがずっと止まらないという状態になったりしている人も
実は結構多いんです

こういったことにならないためには

このようになってからではよくなるのも時間がかかりますし
仕事にも制限をかける必要が出てきますし

最悪仕事を辞めないといけないかもしれません

残酷なのは仕事をやめても。腰痛が良くならない事です

さらに言えば仕事を辞めてすぐに治ったとしても、また別の仕事

についたら、それがまったく関係のない仕事でも
またまた腰痛が再発してくることもあります

結局のところ、腰の痛みが起こった最初の原因を突き止めていかないと

何をやっても、腰の痛みはよくなってくれません

貴方が腰痛になったときのリスク

腰痛は正直だれしもなる可能性があります

酷い人は朝起きて顔を洗っただけで腰に痛みが出て

動けなくなり救急車を呼ぶということもあります

腰が痛いぐらいで休んでられるか?

なんて思わないでしっかり休む時には休んでくださいね

少しでも腰痛を軽減する方法

腰が痛い時眠るときに

横向きで寝てください。

またその際に

 

痛いところを上にして寝てください

 

ベッドから起き上がるときの注意点と腰を伸ばすことはしないでください

ベッドから起き上がるときは、足の位置を

左右前後ろとずらして立ち上がってください

決して両足を

揃えないでください、

コツとしては片足でけっぱって立ち上がってください

朝起きた時に痛くても絶対に腰をひねらないでください

腰をひねると余計に腰痛が悪化することもあります

もしひねるとしたら、一時間位たってから行ってください

背伸びをするときも、腰が痛い時はやらないでください

腰痛になってしばらくの間は、猫背になると思いますが無理に

無理に伸ばして治そうとしないでください

ついつい鏡をみて猫背だなぁと落ち込むかもしれませんが

腰痛の時には無理に姿勢をのばさないでください

理由は

腰が痛い時の一つの原因として実はおなかの筋肉の緊張が
一つの原因と考えられます

もし猫背をきちんと治そうと思ったら、おなかの筋肉を緩めることは大変重要になります

 

これを怠って無理に猫背を治そうとすると、腰痛がさらにひどくなることもあります

ですので絶対に無理に伸ばそうとしないでください

腰痛を治すために一番必要な事は良質な睡眠です

腰が痛い、体が痛い、

心が痛い場合は別として、痛みを治すときに一番重要なのは

睡眠と安静です

睡眠ができないと体の治りは遅いですし、十分な睡眠取れずに
痛みで目が覚めてしまうから、次の日にまた腰痛が出てきたりします

睡眠➡腰痛を回復させる➡結果的に痛みが取れる

動物なんかも睡眠をとって安静にすることで痛みを治していきます

これは人間でも同じことが言えます

でも痛くて寝れないこともある

そんな風にならないために治療院や病院というところが

あります、痛みの原因をとるのを早くするのと同時に
安心して体を休められて、なおかつ家に帰ったら
ぐっすり眠れるようにしてくのが僕らの仕事です

仕事を休めないのはわかっています

そんなこといったって仕事も休めないぐらい忙しい

忙しいのはわかっています

それでも僕は言います、

「早く痛みを治して、なるべく休まなくてもいい腰を作るために僕らは
考えます、そして治療します」

僕らの業界って遅いところは夜10時近くまで営業しています

もしかしたらあなたみたいな人を治すために僕らは要るのかもしれません

まとめ

腰痛初心者さんは問題ないと腰の痛みを軽視する人も沢山いますので

今回あるあるとして腰痛の時に出てくる問題をかいてみました

治療家も全力であなたの腰痛と向き合いますが
どうしても家にいるあなたにまで手が届きません

本当に腰痛を治そうと思ったら、自宅でもあなたにやってもらう事も
あるとおもいますが

治療家と患者さんの一蓮托生で一緒に治していきたいなと

私は思いました

 

そろそろ普通の生活ができるようにしませんか?

笑顔になれるとか、やりたい事をやれる・・・・・こういった事を望まないといけない!

そんな事ではなく特に変わらない日常

当たり前の事かもしれないけれど

「家族が健康でたまに小さな悩みはありますが、特に何不自由なく生きていける」

僕にとってはこれが実は一番大事なのですがあなたはどうでしょうか?

今あなたはこういった生活はできてますか?

もしできていないならそれは辛いですよね

でももしかしたらちょっとした事

あなたは痛みがなくなりいつも通りの生活ができちゃうかもしれません

特に痛みもなく心配事もちょっとはあるけれど安定している日常

そしてついでにやりたいこともやれちゃう挑戦できる日常

あなたがこれをあっさりできてしまいます

 

あなたが今までのやり方で良くならない事でお悩みで

当院に行こうか迷っている。

または気になっているけれどもまだ抵抗があってどうしようと悩んでいて

今自律神経失調症、腰痛、肩こり、坐骨神経痛、股関節、頭痛でお困りならばまずはご登録してみてください

ラインでも情報を発信していますので是非登録してみてください

友だち追加数

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

貴方の腰痛、坐骨神経痛、首の痛みなどを一気に解決できちゃうかも

初めましていつも記事を読んでくださってありがとうございます

宮城県多賀城市で整骨院と骨盤屋というお店を営業しています

僕は腰痛や座骨神経痛、そして股関節の痛みについて悩んでいる人たちに何かお手伝いができればと思ってお店を作りました

病院さんや他院さんでも様々な事で努力なさっていると思いますし、理解もしていますので、それについて否定しているわけでもありません

ただ、どうしてもよくならない症状にはどうして治らないのか?を解明していかなければ結果的にあなたの痛みや辛い症状は続きます

そんなあなたのお役にたつ施術をしています

 

 


骨盤屋のホームページはここをクリック

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*