今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

知らないと損する!整骨院で腰痛治療をするまえに必要な事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

腰痛は今や現代病と思うのは僕だけだろうか?

むやみやたらに整骨院、接骨院にいくまえに踏んでほしい3つの手順をかきます、勿論整体に行く前も同様です

1、その腰の痛みは本当にただの腰痛か?最初に病院にいってください

これは誰にでも言えますし、年を取っているからとか、若いからとか。は全く関係なくて

ただの筋肉から起こる腰痛だ

と思っていても大きな病気だったりもします、

タカが腰と思うかもしれませんが、内臓の病気でも起こり得る腰痛はあります。

大きい症状としては、

腎臓に結石(けっせき)←俗にいう「いし」と呼ばれるやつですね、

これになるとかなり痛いとのこと(なったことがないから想像でごめんなさい)

ちなみに結石ができる腎臓は体の後ろについているので腰痛も出てきます

他にもこんな症状も

そして、胃痛でも腰に痛みがでます、過去にこれも何回か見てますが、

ウイルスの問題で胃腸炎になって腰に痛みが出ていたのですぐに病院にいってもらいました

 

ちなみにその患者さんは中学生でした、僕としては

最近の中学生もストレスたまってんだなぁと、思い知らされました

ストレスなどで起こる病気って大人だけじゃないです

 

 

だからこそ本当にただの腰痛なのか?ご自身でしっかり判断できないと整骨院や接骨院では見切れません。

整骨院でくるのは整形外科の後にいくことをおすすめします

 

 

なぜなら、、

レントゲンがないのと 血液検査も出来ないからです

ですので治療院側は普通の腰痛なのか?

病気で出ている腰痛なのか?

きちんと判断できません

こういったことも含めて必ず一度は病院にいって検査を受けてほしいです。

 

2、腰痛治療を受ける際に選ぶ順番はこれ

一番最初に

病院

それでもだめなら整骨院、

接骨院

最後に僕らみたいな民間です

ですがなかには自己判断してしまって大きな病気の発見が遅れる人もいます

病院で検査を受けてもらった後に来てもらいたいのだけれど

めんどくさいのもあり最初にこのような選択をしてしまう方もおおいです

それがこれ

薬局いって湿布をはるダメなら近くの整骨院、接骨院にいく、

そしてそのあとにようやく自分はやばいんじゃないか?

 

と思い最後に病院にいくという流れ

これでは判断が遅れることにもなりかねません。

重い病気で重症の場合手遅れなんて事例もあります。

脅すつもりはないですが、

おかしいなと思ったら病院に一度は行くべきです

整骨院や整体にいくのはそのあとがお勧め。

病院で異常が見つからないとか、処方された薬を飲んでも効果がみられなかったとか、そのあとに整骨院や整体にいけばより安心して安全に次に進めると思うんですよね
最近ではセカンドピニオンって言葉も増えてきましたが、ぼくのところに来る初めての患者さんにいつも思うのは、

どうして問題を軽視ししてしまうのだろう?という事です

 

患者さんのなかでも病院に先に行ってから来てほしいというのは伝えてますが、症状が大きな病気だったら怖いとか、めんどくさいし時間がないからなかなかいけないというんですが、「それって癌ですよ?」って言われてもおんなじこと言えるのかなぁ?って疑問に思います

僕の治療のスタンスは

病院で原因がわからないとか、異常がないけれど体が痛いとか

腰痛が治らないという人に対して治すのが仕事だと思ってます

なので病院がだめとかと言ってる整骨院の先生をみてると怖いなぁと思っています

いや、病院があるから助かってることも多々あるでしょう?子供の出産なんか自分ちで全部やりますか?って話です

ですからまず初めに「このぐらいで・・・・」と思わず病院を一番に選択してくださいね

治療院なんてのはそのあとです

 

3、市販の薬剤を使うのなら最初に期限を決めておいたほうがいい

何でもお店で買える時代になってきました。薬剤なんかもコマーシャルで見ることも沢山あるし、病院や整体に行かない人達は自分で自己解決する傾向にあると思う、これも統計みてます

実際ごまかしでしょう?なんてかんがえを口にするのが我々の業界ではありますが、僕は市販のもので効果があったものもあるので、全て否定はしません。

だけど効果がないことも・・・違うな、正確には自分にあわなかった人もいるわけです

なので市販の薬剤も3日なら3日使ってみてダメだったらすぐに病院か整骨院にいくという期限を決めておくべきです、

ご自身で自己判断しているというかたも沢山いると思うんですよ。夜中までやってる病院や整骨院があればいいんだけどってのもわかります

本来患者さんからすればどこに行っていいのかわからないし、どうしたらよくなるのかも

わからなくて悩んでいる方もいる

だからこそ

こういったことにもすぐに対処出来たり安心できるような環境つくりも僕は作っていかないと

いけないと反省することも多々あります、

昼間治療したけれど夜に痛みが出てきて不安だった

という患者さんもいました、

できる範囲でしかできないといえばそれまでですが、何らかの形で

解消できるようにぼくもこの先に動きを見せていくべきだと思ってます

 

まとめ

腰痛ぐらいで死にはしないかもしれません、「大したことないよ」

「病院にいってみたけれど、異常なしでお金のむだだった」という声も実際聞きますが、僕としてはお金はらって自分が健康だと確認できるというのは、すごくいいことだと思ってます

これって過去に病院いってみて、早めにわかってよかったなんて事例もありますしね、

自分の体は他人が管理してくれませんし、これからも長く付き合っていく体です。

 

もっと自分を大事にしてあげてください、

腰痛や痛みで仕事やすんでも死ぬわけではありません、

それよりも治さずほっておいて

これから先、ずっと腰が痛いのと付き合わないといけない事のほうが僕にとってはストレス感じます

あなたはどうですか?

 

そろそろ普通の生活ができるようにしませんか?

笑顔になれるとか、やりたい事をやれる・・・・・こういった事を望まないといけない!

そんな事ではなく特に変わらない日常

当たり前の事かもしれないけれど

「家族が健康でたまに小さな悩みはありますが、特に何不自由なく生きていける」

僕にとってはこれが実は一番大事なのですがあなたはどうでしょうか?

今あなたはこれができてますか?

もしできていないならそれは辛いですよね

でももしかしたらちょっとした事

あなたは痛みがなくなりいつも通りの生活ができちゃうかもしれません

特に痛みもなく心配事もちょっとはあるけれど安定している日常

そしてついでにやりたいこともやれちゃう挑戦できる日常

あなたがこれをあっさりできてしまいます

興味がある方は下のホームページまでお進みください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貴方の腰痛、坐骨神経痛、首の痛みなどを一気に解決できちゃうかも

初めましていつも記事を読んでくださってありがとうございます

宮城県多賀城市で整骨院と骨盤屋というお店を営業しています

僕は腰痛や座骨神経痛、そして股関節の痛みについて悩んでいる人たちに何かお手伝いができればと思ってお店を作りました

病院さんや他院さんでも様々な事で努力なさっていると思いますし、理解もしていますので、それについて否定しているわけでもありません

ただ、どうしてもよくならない症状にはどうして治らないのか?を解明していかなければ結果的にあなたの痛みや辛い症状は続きます

そんなあなたのお役にたつ施術をしています

 

 


骨盤屋のホームページはここをクリック

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*