今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

腰が痛くなった時に冷やすのか?温めるのか?悩んでるときはこうしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

腰が痛くなったときにマッサージがいいのか?

それとも注射がいいのか?
何かの病気かもしれないと悩んだことはありませんか?

でもそんな日が日曜日だったりすると、

どうしていいのかわからないしどこもやっていない

そして疑問にあがるのは、この痛みって

冷やしたほうがいいの?それとも温めたほうがいいのか?

ということではないでしょうか?

そんなあなたのために書きました

わからないときは冷やしたほうがいいです

温めるという事は実はリスクがあるってしってましたか?

 

熱を持ってる腰痛の場合はかえって温めたりすると悪化する人もいます

なので僕は冷やすことを提案しています

マッサージなどをしても大丈夫?

マッサージなどでもんでしまった場合、次の日に腰が痛くて立てなくなったりすることもあります

なので冷やすことに専念してください

僕自身の体験でいいますと

昔、修業時代にもんでしまいベッドから起きられなくなった患者さんがいましたのでこれは青くなりましたね、

 

どれぐらい腰を冷やせばいいの?

だいたい10分ぐらいを2時間おきにおこなってください、

これは単純に一時間も二時間も行っていると「冷たくて、ひゃっこいわ」←となるためです、

冷やす温度の基準は何度?

たまに、お菓子についている保冷材なんかで冷やす人もいますがあまりお勧めできません

なぜなら、あれはマイナスまで冷えるからです、凍傷になることも考えられます

冷やすのにおすすめなのはこれ温度が重要でした

腰を冷やす基準としては0度がお勧めです、

薬局などにも売っているので腰が痛くなりやすい人は一個ぐらい冷凍庫に入れておいたほうが安心です(急に腰が痛くなっても対処しやすいです)

 

まとめ

痛くなったら冷やす

冷やすものは専用のもので常日頃冷凍庫に入れておくこと

お菓子ついてる保冷材は使わない事

追記として

最近出てきたアメリカのほうのお医者さんのお話によると冷やしても、温めてもどちらでもいいというか、どっちも治るまでは変わらないという見解もでてきました。これって自分たちからすると、ある意味ショッキングです。

冷やして炎症を抑えたほうがいいのでは?なんて思っていましたが「気分の問題」だというお話です、今の業界も新しいものが出てくると覆されていきますが、僕としては新しいものや昔はよかったけれど今はだめというものがどんどんでてくるといいなぁと思っています

なぜなら、結局は正しい情報というのをみなさん知りたいと思うんですよ

間違っている情報を書いていたわけではありませんが、これはこれでいい勉強になりました

 

そろそろ普通の生活ができるようにしませんか?

笑顔になれるとか、やりたい事をやれる・・・・・こういった事を望まないといけない!

そんな事ではなく特に変わらない日常

当たり前の事かもしれないけれど

「家族が健康でたまに小さな悩みはありますが、特に何不自由なく生きていける」

僕にとってはこれが実は一番大事なのですがあなたはどうでしょうか?

今あなたはこれができてますか?

もしできていないならそれは辛いですよね

でももしかしたらちょっとした事

あなたは痛みがなくなりいつも通りの生活ができちゃうかもしれません

特に痛みもなく心配事もちょっとはあるけれど安定している日常

そしてついでにやりたいこともやれちゃいます

ぼくの治療はあなたがこれをあっさりできてしまうための技術です

普通でいいとか、痛みも心配しない生活を望む方は下のホームページまでお進みください

貴方の腰痛、坐骨神経痛、首の痛みなどを一気に解決できちゃうかも

初めましていつも記事を読んでくださってありがとうございます

宮城県多賀城市で整骨院と骨盤屋というお店を営業しています

僕は腰痛や座骨神経痛、そして股関節の痛みについて悩んでいる人たちに何かお手伝いができればと思ってお店を作りました

病院さんや他院さんでも様々な事で努力なさっていると思いますし、理解もしていますので、それについて否定しているわけでもありません

ただ、どうしてもよくならない症状にはどうして治らないのか?を解明していかなければ結果的にあなたの痛みや辛い症状は続きます

そんなあなたのお役にたつ施術をしています

 

 


骨盤屋のホームページはここをクリック

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*