今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

宮城県で原因不明の腰痛症を治すために重要な2つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宮城県多賀城市の腰痛をなおす骨盤屋の加藤です

腰が痛くて病院にいって
「腰痛症ですね」

「ヘルニアではないです」というあなた

腰の痛みはなかなか取れずにやきもきしているのではないでしょうか?

治らないし痛いのってすごく苦痛ですよね
僕の治療院にも同じような悩みで患者さんが結構いらっしゃいます
それぐらい腰痛ってみんなの悩みの種

なかには「手術どうしますか?」なんて言われてしまい落ち込んでいる人もいらっしゃったり・・・・
手術しなくてすむ方法があるのならそれに越したことはないと思います

今回はそんな悩みを抱えている患者さんに書いてみました

なぜ?手術で成功した人、成功しなかったひとがいるのか?

ヘルニアや腰痛の手術を受けてよくなった例も沢山聞きますが、逆に悪くなった人もそれと同じぐらい話を聞くことはありませんでしょうか?

せっかく手術を決断して受けて痛みがなくなったのに、また再発してくる
こうなってしまうと、もうどうしたらいいのかわからないという状況になります

選択の一つとしては「再手術」を選択する人もいますし、

患者さん
他で別の方法を探す

という方もいます

なぜこういったことが起こるのか?考えてみた

僕自身自分のところに来ている患者さんを診ていますと思う事があります
それは手術した人で痛みが再発してくる人って実は腰に原因がなかったのではないか?」
という事です

そう思ったのは

NHKのためしてガッテンなどを見ていてもそうですし

引用元 NHK

他にも厚生省のほうで

医師の診察および画像の検査(X 線や MRI など)で腰痛の原因が特定できるものを特 異的腰痛、厳密な原因が特定できないものを非特異的腰痛といいます。

引用 厚生省

こういったことも見ていると思う事ですが、本当はそんなに手術必要だった人って少ないんではないか?
ともいえるわけです

腰痛症がなぜ治らないのか?

思うに、大抵の人たちが間違っているとまでは言いませんが
結果しか聞けてないのが問題ではないのか?
と僕は思っています

例えばこんな例があります

うちに来てくださっている患者さんの例です

整形外科に通ったり整骨院にもいったそうですがよくならずにこのような事になってしまったとのこと

以下

加藤
病院にはいかれたんですか?
患者さん
いったのですが、そこで腰痛症だねと言われました
加藤
診断が出た後の問題なのですが、どういった治療をされていましたか?
患者さん
えーと痛み止めと薬だけ処方されて様子を見ましょうと言われました

様子を見るという事はいいのですが、処置に関してはこれだと不安にならないでしょうか?
結果が出ればそれはいいことです
僕自身も病院にも行きますし、問題があればいきます
この時に不安になることって自分の体はどうなってしまったんだろう?
という恐怖感です

でもそれ以上に結果が望めないのなら別の方法を考えなくてはなりません
これってすごく当然
ですのでこのような事をお聞きしました

加藤
病院さんには今も通っていらっしゃるんですか?

 

患者さん
今は別の整骨院に行ってます
加藤
それは何を基準でえらんだのでしょうか?
患者さん
家から近いのとネットの情報ですね

家から近いで選ぶ腰痛治療の問題点

別に近所でもいいと思いますし、そこで治ればいいのです
これって患者さんからすれば通いやすいところを選ぶのって普通の思考です
でももしですよ
その症状が腰痛でなくて別の病気で大学病院や専門家の先生のところに行かないとよくならないよ

ってなったらそれでも近所に通うのか?
という事です

近所を選んでも治らないときは実は同じような事も言えるかもしれません

近所で済めばいいのですがそれで本当に大丈夫か?という事を今一度考えてみてほしいのです

腰痛をなおすために二つの重要な事

腰痛を治すために必要な事をお伝えしていきます

一つ目腰痛症の原因は本当に腰にあるのか?
先ほどからお伝えしていますが、腰が痛い原因って本当に腰にあるのか?
これが腰にあるのか?ないのかでやり方は全然違ってきます

僕がおこなう検査の例を挙げておきますと

歪みのチェックしている写真

身体をあえに倒した時に痛みが出るのか?
痛みが出れば腰以外にも原因があると思っています
なぜなら
腰以外にも筋肉を使っていかないとこの動作はできません

具体的な例であげれば肩も足にも原因があると言えます

それらを治療していかないとよくなってくれるものもよくなってくれない人がうちでは多かったです

ですので本当に腰に原因があるのか?見ていかないとほんとうのところはわからないと言えます

 

二つ目、ストレッチをむりにいしていないか?

無理なストレッチの例でこのような事がありました

お話を聞いていると患者さんからすごくストレッチの話をされます

なぜそのような事を言うのかなと思い聞いてみました

加藤
ストレッチにこだわるのはなぜでしょう?
患者さん
他院さんでいわれたからです

 

患者さん
何かというとストレッチをしていないから治らないといわれました

これを聞いてみると怠慢だなと

なぜそんなにストレッチをすすめるのか?

ストレッチって何のためにあるのか?
という事を書くと、そもそも痛みがある人にむけてストレッチで良くなるなら苦労しない
という前提です

ストレッチだけで事足りるような症状ではなかった
これが答えです

ストレッチが適用になるのは、運動選手だけかな?ってぼくは思っています
だからまずは前段階として
先に治療をちゃんとしてからそして時期が来たら始めてもらえればいいと思います

順番からすると
整形外科さんでレントゲンなどで原因を知ること

整体などで治療を受ける事

それがすんできたらストレッチ

この順番が一番早いかなと思います

間の整体に対しては、病院でなおれば別に必要ありません

まとめ

案外行っていることが無駄な事もあります
早くそれに気づいて次の行動につながるように参考にしてただければ幸いです

貴方の腰痛、坐骨神経痛、首の痛みなどを一気に解決できちゃうかも

初めましていつも記事を読んでくださってありがとうございます

宮城県多賀城市で整骨院と骨盤屋というお店を営業しています

僕は腰痛や座骨神経痛、そして股関節の痛みについて悩んでいる人たちに何かお手伝いができればと思ってお店を作りました

病院さんや他院さんでも様々な事で努力なさっていると思いますし、理解もしていますので、それについて否定しているわけでもありません

ただ、どうしてもよくならない症状にはどうして治らないのか?を解明していかなければ結果的にあなたの痛みや辛い症状は続きます

そんなあなたのお役にたつ施術をしています

 

 


骨盤屋のホームページはここをクリック

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*