今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

プロ目線で腰痛の原因になる股関節についてガチで語ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハイよっ加藤です、

本日のお題は股関節

股関節って重要な部分だしとてもデリケートな所

そんな股関節について今回は熱く語ってみる

腰痛の原因にもなる股関節が痛くなるのは何故か?

腰が痛いならまだしも股関節が痛いと座っていてもつらくなる

酷い人に至っては股関節も腰も両方痛いという人もいる、それで原因を考えてみた

股関節が痛い原因

姿勢が悪いのが持続して出てくる

元々生まれた時から股関節に問題がある

筋肉のバランスが悪い特に前後

長年勤めているところの仕事のし過ぎでなる

関節がゆるい、またはばきばき股関節が鳴る

 

僕のところではこういう人が多い、順をおって解説してみます

姿勢が悪いに関して実は調べる方法がある

姿勢が悪いとよく言われる人がいる、股関節や腰痛の痛みとして出ている場合一番多いのはこれが原因

だけど猫背の人も沢山いるし、それでも痛みが出ない人はでない

猫背だから痛みが出ているのか?これには賛否両論があります

それは、姿勢を正さないほうが調子がいいのか?姿勢が悪いから腰や猫背がおこるのか?

僕の見解としては結局はその人にとっての姿勢が重要だと考えています

なので、どちらがいいとも一概にには言えないし、姿勢がすべてというわけではないのですがしかし一個だけ僕は姿勢が原因で股関節や腰が痛いという人の特徴を見つけました

 

姿勢が悪くて猫背で股関節が痛いとか腰痛が出ている人には特徴があります

それは、「腕を耳につけようとさせると腰に痛みが出る」

これを寝ててもやってもらいますそうすると必ずと言っていいほど腰に痛みが走ります

姿勢が原因だという場合はこれが一番の決め手かなと

これは自宅でもできるし、自分でもできます、もしあなたがこれで痛みが腰に出るようでしたらあなたの股関節の痛みも姿勢と思って間違いないです

なぜこの方法で姿勢が原因とわかるのか?

それは腕の付け根に、背中の筋肉が巻き付いているためです

腕を動かすと一緒に背中の筋肉も伸びてきます、この筋肉は腰までつながっているのでまず間違いなく原因として関係してます

 

元々股関節に異常がある

生まれつきの事を先天性(せんてんせい)といいますが、もともと股関節が緩い人がいます

そして脱臼といって骨が外れやすい体の人がいます

特徴しては筋肉が弱ってきたり、運動しなくてやせ細ってくると、がたがたになり痛みが出てくる人です

僕も何人かの患者さんをみてきましたが、ほぼお手上げ状態です

もともと欠けているので鍛えてもらったり、固定しておくこと以外手を出させない領域です

酷い人は年齢を重ねてから人工股関節の手術をする人もいます

実際ぼくが治療した人のなかにも何人か手術したひともいました、急に痛みが出てくるので、立ち仕事をしている人にとってはつらいと思います

手術をした後も調子がいいという人もいれば調子が悪いという人もいます

それでは、全く歯が立たなかったのか?と言われれば痛みをとることにうまくいった人もいます

施術がうまくいった人の特徴は

股関節の片側だけ痛い

行かなかった人の特徴は

股関節が両方とも痛い

という事です、ですが股関節に問題あることは子供のころからわかっている人もいますので、そういう人は普段の筋肉トレーニングなどは必ず必要になってきます

 

筋肉のバランスが悪くて股関節が痛い人は、鍛えればいいというものでもない

筋肉バランスが問題で股関節が痛い人もいます

筋肉のバランスと聞くと、鍛えればいいんでしょう?

と思うかもしれませんが筋肉を鍛えれる前段階の調節をしなければなりません

筋肉を鍛えることは、前段階の調節が終わってからになります

それでは前段階の調節について書いていきます

前段階の調節とは、例えば赤ちゃんが急に立つことができない、まずはたたせるようにすることこれが前段階の治療

それにたいして筋力トレーニングの場合

 

赤ちゃんに例えると歩けるようにはなったけど

でも走り方がわからないから、走れるようにトレーニングすること

前段階の治療は正しく間違いなく筋肉が動いてくれているのか?確認してまたどうすれば正しく運動できるのか?分析して動かせるようにすること

 

だから順番としては

股関節の前後のバランスを整える

まずは動けるようになる、

筋トレでカバーしていくことが望ましいです

ちなみにこの方法は腰痛も引き起こす股関節にも効果が期待できます

 

長年勤めている仕事で出てくる股関節の痛み、腰痛について 

仕事は重要です。家族を作るにしてもお金がないと苦労しますし、生活するにもお金がなければ成り立たない

しかし職種は、様々なので立ち仕事の人もいますし、座り仕事の人もいます

股関節や腰痛の起こりやすい職種

立ち仕事特に、飲食店での流し場の掃除などが多い人

介護関係

車の運転が長い仕事

 

これはあくまでも個人的な見解です、僕のところに来ている患者さんに聞いてみたうえで出してます

デスクワークの人も多いかな?と思っていたのですがそんなこともなく、腰痛よりは頭痛や吐き気のほうが多かったです

 

股関節や腰が痛くなる原因としてははいてる靴なんかも関係あるかもしれません

フロアとはいている靴があっていなかったりなど、車の運転に関しては、先にあげた姿勢の問題もあるかもしれません

僕が推奨する予防としては、まず休ませることです

ですがなかなか休ませることもできないぐらい皆さん忙しいと思いますので、やはりメンテナンスは必要です

 

股関節がばきばき鳴る、関節が緩い

関節がバキバキなる人の中にはもともとの関節が緩い人がいます

別に病気というわけではありませんが、生まれつきとか昔から体が柔らかいというタイプの人です

凄い人だと、指が曲がってはいけない方向へまげても痛くない人もいます

体が柔らかいのはすべてに対していいことなのか?

よく、僕らの業界の人たちは固い関節は悪ということで柔らかいのがいいという先生がいます

これに関して思う事ですが

僕自身は、柔らかいのがいいとは考えてません

むしろ固いほうがいい事もあります

何故かというと、柔らかいという事は、どこもかしこもガタガタになっていることもあるからです

ガタガタになっているということは今度は固めないといけませんし、人によっては股関節が緩すぎてガクガク言っているとか

音かなり始める人もいます

こういう場合の対処法は、逆に固めて固定が必要になります

柔らかいというのが全ていいんだと言っていたるところの筋肉をマッサージして緩めても次の日にもっとひどくなったということよくあります

これについては髪の毛を染めるという行為と一緒で、なんでもそうですがやりすぎはよくないです

この緩いタイプの人たちに限って「緩めればいいや」となりやすいです

これについては、固いから音が鳴っているとか、思うわけです

同業の人はわかるかもしれませんが、こういう人の筋肉はだるだるだったりします

つまり、ほぐすところがないぐらい、筋肉にハリがないのです

でもなかの筋肉よくいうインナーマッスルという中にある筋肉はゴリゴリしているので固まっていると錯覚します

逆に緊張させるところがないと体は仕事をしてくれません

僕がもしこのような人を治療するとしたらまずは、緊張させることになれてもらう治療をします

適度な緊張を継続していくことで背中も股関節も安定してきます

ただ難点としては、時間がかかるという事です

緊張をとるという事は案外簡単なのですが、逆に緊張させるというのは結構労力を使います

まとめ

股関節は体を支えてあげたり足に伝達を伝えるために必要です

長い時間をともにすると思いますので大事にしてあげてくださいね

カトウが行う骨盤矯正のホームページはこちら

 

 

 

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*