今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

会社から回答書来たらもってきてください、ってもうやめない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宮城県多賀城市の骨盤屋の加藤です

土曜日でもブログ頑張って書いてます

さて最近最近新規の患者さんからよく言われることです

僕はいつも患者さんに

以前こういったところで治療を受けたことがありますか?

とよく質問します

なぜこういったことを聞くかというと

だいたいの整骨院、接骨院さんの傾向を聞いておくことで違った治療法を提供しているからですし、わざわざ自費とわかっているのにきてくれているのはよっぽどなんだろうなって思ってます

 

誰だってよくなりたいんです

だったら無駄な事もせずに最短で治療をしていきたいと思っています

 

そんな際に患者さんにいわれたことがあります

 

それがこれ

 

「回答書を持ってきてほしいといわれた」これがたまらなくめんどくさかったとのこと

 

これに関して僕自身が予想することって

「?」です

 

ちなみに僕も保険を使っていた時代もありましたし、たまに回答書が来てましたが、患者さんに常に本当の事を書いてください

と言ってました。

別に持ってきてといったこともありません

全て外傷なので本当にあったことだけ書けばそれで問題ないし・・・・・

って考えてたんですよね

 

でも患者さんからすれば

これってどうなの?

っていうところがその整骨院、接骨院には沢山あったそうなんです

 

それで実際調べてみると

 

引用 YAHOO知恵袋

 

あーけっこうやらかしてますねって思う

 

患者さんの心境

たぶんよ

多分ですね

何らかの後ろめたさを感じてるんじゃないかな?って

うんだってね

 

あきらかにこの患者さんの症状効いていると

「慢性」

慢性っていうのは保険を使っちゃいけない決まりがあります

これがルールね

国の決まりなんですよ

亜急性(あきゅうせい)ってのも認められないって話もでてるしね

 

整骨院、接骨院側が教えてあげないと

患者さんからすればわからないんですよね

先生側が「つかえますよ」って言ってしまう

 

だから患者さんからすれば

不思議でしょうがないんですよ

なぜ?回答書を自分で出しちゃいけないの?って

もってきてって言われると

「なんだかわからないけれど面倒な事になりそう」

 

これどうなるかわからないから面倒なんですよ

想像してしまうしね

 

患者さんへのリスクって話をしてるの?

慢性で保険使ってる場合は先生たちもご存知だと思うんすよ

 

回答書は勝手に出しても問題ないよって仕事したほうがよくない?

自分の家族になんていうの?

 

おれはできないって考えてるからやらない

そろそろやめません?

 

だからもうやめないすか?

何を?って

わかってるじゃないすか

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*