今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

頼れない治療家に腰痛を任せちゃだめ、頼れる治療家5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

あなたが腰痛になってしまったとき

どうせなら頼れる治療家を選ぶのではないか?と思ったので今回は

頼れる治療家と頼れない治療家の5つの違いを書いてみました

腰痛が治っているかどうか他覚的に、自覚的に互いに情報が一致すること

よくある例が、患者さんは痛いというけれども治療家はよくなっているという
これはお互いに矛盾している

そして一番問題なのはあなたにどこがどうよくなっているのか?

説明をしてくれてそれだけではなく

あなたが納得できているのか?が重要だ

あまり否定的なことばかり書きたくはないけれど実際よくなっていないと思えば

治療家もそれを認めるべきだと思うし、手に負えないなら別の機関に送るべきだと思う

実際問題手遅れになるのが一番やばい

僕はそういったことも仕事だと思っている

 

元気なことがいいと思っている、無駄に笑う場合は特に注意

活気は大事なんだろうけど、あなたは痛みを抱えているわけで、腰痛に困っている

だから治療院に来たのだと思う

そして自分の痛みはよくなるのか?を知りたいはず。なのに

フフフっと笑っている同業を見ているとなんだかなぁ?と思う

笑うのは治ったあとでもよくね?って自分は思う

とりあえず笑っとけみたいな感じが嫌なんよねなんかごまかされているみたいで

元気な先生もいい事だけどたまに空気を読めと思う

僕ですか?僕はいつでもローテンションです、
ハイになる事もありません、確実に治していくためには一長一短ではだめだと思ってます

その日はよかった、次の日に痛くなった

これはまずいっしょ?ならば最初から、この期間くれればよくなりますとはっきり言うタイプです

質問を質問で返してくる先生

「腰痛になった原因」はなんでしょうか?

なんてあなたは質問返しされて

「悪くなる事なんて思い当たることが多すぎるわ」と内心思うはずなのね

大概の人間が不摂生している事なんて普通なんすよ、

例えば病院いって先生に「あなた癌ですね」って言われて

「なんで癌になったんですかね?」と逆に医者にきかれても

そりゃあんたが知ってんじゃないの?って

そしてはっきり言えば仕事だよ、介護疲れだよって

原因なんてのは8割がたの患者さんがわかっていると思う、でもバツがわるいじゃない

で僕らの仕事って、それはわかってんだよ、とにかくこの痛みをとりたいんだよね、だからなんとかしてよ
というのを「イエッサー」と言いながらとる事だと思うのね

特にえらくもなんともないんだわ、

 

夏休みの宿題しないときのお母さん見たいなことを言ってくる先生

たまにお母さんみたいに世話焼きをしてくる先生もいます

これからはお酒を控えてくださいね、不摂生やめてくださいねって伝えてくる先生ですね

一見まともな事を伝えてくれますが時として

小さな親切大きな世話って

あなたは思うかもしれません

心配するのはいいんですが、結局自立させる気があるんだかないんだか、

色々お伝えしたってどうせ守んないのも知ってるんだよ

やっぱ、不摂生ってしたくなるじゃないですか?

まぁ勿論、自分に直接ダメージが来ればやめると思うんですよ

それが原因で子供ができないとか、明日からおしっこは管を通してじゃないとできませんよとか

痛風になったとか、腰痛でよっぽど痛くても注射うてば最悪動けたりしますからね

このお母さん対応は、

貴方の腰痛を治すことがゴールではなく、あなたとお友達になる事がゴールです

ちなみに僕は、近所のおじさんタイプです

世話やきではありません

たまに「学校いっとけよ」という位です

最後はやっぱりこれ、自信がない先生

自信がない、いや自身がないというタイプ

自分がないからふらふら

患者さんのこうしてほしいを聞きすぎるタイプ、

ダメな旦那の典型な奴です。

何かにつけても

「おまえがいいならいいよ」という内心思っていることがあっても口に出さない

いかにも俺が決めたんじゃなくてあなたがやりたいというのなら反対はしないよ

その代わり俺の事はほっておいてくれというタイプです

こっちがもの知ってなくちゃいけないことなんだよね

その治療をお勧めできないなら、おすすめできないとはっきり言ってくるほうが後々になってよかった
なんてのは沢山あります

 

でも自信がないから、どっちでもいいよと言い

患者さんの気持ちを優先させるべきだと思っている

ちなみに僕も悩みによってはこの方法使います

不妊の悩みなんかはそうです

これはパートナーの意見も重要になってくるし二人で決めないと子供を作る選択もできない

だけど腰痛や痛みに関しては早くとるべきだと思っているのでその状態に合わせた治療をこっちが選択しないとぼくは治療家と言えないと思う

牛丼食いに行くわけじゃない

入ったことのない店にいくわけだから

「シェフのおすすめ」とあれば間違いないと思うのは僕だけじゃないはずなんだよ

これってあなたもそうかもしれないけれど、失敗なんてしたくないわけじゃない?

腰痛治療失敗しました、さらに痛くなりました

どうしましょう?ってなってからでは遅い

だから、上記の事を吟味してお試しのある治療院に行ってみてください

まとめ

他人に治療を任せる選択する場合はよく考えて行ってみてください

結局損するのはあなたです

カトウが行う骨盤矯正のホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*