今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

右肩が痛い時に知らなきゃ損する内臓の問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宮城県多賀城市骨盤屋の加藤です

最近肩の痛みで悩みを抱えている患者さんが増えてきました
こうして肩の記事を結構書いているのもあるのですが、
なかなか治りも悪くてどこかにいいところがないかなって探している人にとってはタイムリーかもしれません

今回は、すでに整形外科や整骨院に行ったけれど・・・・・
と右肩が痛くて腕が上がらないあなたに今回は内臓の問題もあるかもしれない
という記事を書いていきます

右肩が上がらないときに関連する内臓

右肩が上がらない、右腕がだるい時通常はただの肩の凝りが酷くなったのかな?
って考えるのが普通です
ですが中にはなかなかよくならない人もいるわけです
で、そういった人にお伝えしたいのが、「それは本当に肩に原因があるのか?」
ということです

肩の痛みをとるために知る事

実は肩の痛みが起こる原因の一つに内臓のつかれが関係している人もいます
それではどこの内臓に問題が出てくるのか?というとそれは

「肝臓と胆のうというところです」

これは右側にあるので、何らかの問題が起こると、

「肝臓にもんだいがありますよ」
という事を肩に訴えかけるんです
これを関連痛(かんれんつう)といいます
この結果肩に痛みが起こる可能性が出てきます

もしあなたの右肩の痛みがなかなか取れない場合はこれも疑ってみたほうがいいかもしれません

 

これは血液検査などで異常がなくてでてきます

勿論あなたは血液検査を受けていて検査しても異常なしという状況かもしれません
でも実は、病気でなくても出てきますこれは何故か?といいますと
肝臓が疲れているという事です

 

肝臓が疲れているってどんな状況?

主にストレスとも言われてますが、食事でも暴飲暴食でも肝臓に負担がかかりますし
女性ならば生理が酷い人も肩が凝りやすい原因があったりします

これは何故かというと

肝臓は基本、血を作る処です
そして体の中身を清掃する力もあります
この時にできれば、スムーズに行いたいのですが、それができないと仕事を頑張らないといけません
暴飲暴食しているのなら。体の中で消化しないといけないために肝臓が頑張ります
お酒なんかもそうです
酒を抜くために肝臓が頑張ります

そして生理については、女性ホルモンの量が多すぎたりすると肝臓もまた血を作るので頑張るわけです

この結果

肝臓に負担がめちゃめちゃ行くので疲れてしまい
つかれたよと右肩に伝えるのです
この働きも若いうちは頑張ってくれますが年齢を重ねるといたわってあげれなければなりません

よくきくデトックスっていうやつですね

ですが、デトックスも色々やり方がありますしいきなりやっても体が耐えられない事もあります
そこで整体などで、一度体の状態を整えていくことで
なるべく肝臓本来の動きを出してあげる必要があります

例えるなら

原付でマックス60キロで走っている肝臓に対して

乗り物を車に変えてあげて60キロを出すのでは、余裕が違います

僕らの仕事は、原付ではなく、車をご提案している感じです

まとめ

肝臓の動きと右肩は実は関係が深いです

きになったら一度は血液検査をお勧めします

 

 

 

 

貴方の腰痛、坐骨神経痛、首の痛みなどを一気に解決できちゃうかも

初めましていつも記事を読んでくださってありがとうございます

宮城県多賀城市で整骨院と骨盤屋というお店を営業しています

僕は腰痛や座骨神経痛、そして股関節の痛みについて悩んでいる人たちに何かお手伝いができればと思ってお店を作りました

病院さんや他院さんでも様々な事で努力なさっていると思いますし、理解もしていますので、それについて否定しているわけでもありません

ただ、どうしてもよくならない症状にはどうして治らないのか?を解明していかなければ結果的にあなたの痛みや辛い症状は続きます

そんなあなたのお役にたつ施術をしています

 

 


骨盤屋のホームページはここをクリック

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*