今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

首のコリと肩の痛みと肋骨の歪みは整体で良くなるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宮城県の多賀城市という端っこで営業してます

こつばんやの加藤です

 

「首も肋骨も痛いんだよね」

「肩もたまに痛くなる」

「首を向くと痛い」

3日前うちに来られた患者さん

ここまで厄介だとは思わなかった

こういった連発で出てくる痛みの場合はスピード勝負

 

肩も痛くて

肋骨もいたくて

首も上を向くと痛い

 

一瞬あたまにでてきたのは

「これもしかして心臓かなんかじゃない?」

なんて思った

そういったことも疑う事も忘れない

だけど本当に

この業界は症状を軽く考える先生がおおすぎる

 

あとになって手術が必要だったって例も沢山ある

 

 

患者さん自身も

ダメならすぐに病院にいくっていってくれたから正直助かった

 

本当は

 

先に行ってきておいてほしいんだ

けれどもこればかりはしょうがない

 

病院ももうやってる時間じゃないしね

 

肋骨、首、肩共通するところはないか?

原因を見つけていかねば治るもんも治ってくれないので

とっとと原因を探す

僕はこういった場合共通するところを探していく

内臓とかも勿論みますけど、一番最初に目につくのはやはり筋肉

肋骨も24本ある

 

すべて筋肉がくっついている所を探していかなければならない

 

なので

 

ちゃっちゃっとみていく

 

痛みはまってくれないんだ

 

俺が肋骨を見る場合は脇をつかんで左右に倒していく

上の肋骨の塊

中間の肋骨の塊

下の肋骨と

手を当てて検査してく

 

 

すると途中で肋骨に問題がある場合止まることがあるんだ

 

正確にはいったん動きが悪くてまた動き出すってポイントがある

 

この止まる処がエラーを起こしていて肋骨に悪さしていく

 

これでもし筋肉が問題だったら

 

治し方もそんなに難しくない

 

こういう時は

 

一瞬別の方向にエラーを起こしている筋肉だけ

方向を変えてみていく

 

この時の手の感覚が実はものすごく重要になる

 

触り方や動かし方も優しく

肋骨は折れやすいからいつも神経を使う

 

触る強さも

 

例えると

 

「ちいさな虫をつぶさないで外に逃がす感じ位の強さ」

っていったらわかるかな?

このつかみ方を行いながらまた体を倒してみると

エラーがなくなり肋骨がスムーズな動きをすることがある

もしそうなら肋骨はそこを軽くもんだりすれば治ってしまうんだ

もし

 

これでもダメな場合今度は、このエラーを出してるところをまた探していく

こうなってくると内臓の調節も必要かもしれないね

 

 

肋骨はわかった

この患者さんのばあい

肋骨は筋肉の問題だったのでこのまま放置して

 

次の首と肩に移動していったんだ

 

肩も肋骨と同じようにエラーを探す

といいたいんだけど実は肩は関節の構造が肋骨とは違うから

 

別の見方をしなくてはならない

 

 

ココでの肩の動きを探る注意点がある

 

それは

 

 

肘をまっすぐに伸ばして腕をあげられるのか?

それとも

 

肘を曲げて肩を回すことで切るのか?

 

この二点が重要って俺は思っている

 

肘をまっすぐ伸ばして腕を回すことができる場合はまだ治療は簡単

 

問題は

肘を曲げて肩を回そうとすると回らないとき

 

これに関しては何回か回数がかかるし、

経験上

 

治療するときは先の肘も指も見ていかないとだめだった

 

 

 

こういった問題もでてくるから

五十肩が難しいといわれているのかもしれない

 

 

肘を曲げた時に痛みが出てくる

 

 

 

この動作ができない事を無視して治療してくと

次の日には元に戻りやすい

 

だから肩を見るときは徹底的にみていかないと本当の意味で肩は治ってくれない

 

 

 

肘を曲げても肩を回せると楽になるスピードが速い

肘を曲げる動作ができるようになると肩の負担がぐっと減る

 

 

上げてみてもらうとすぐにわかるんだけど

「ふわっと」あがるんだ

 

まるで羽でも生えたのかい?っていうぐらい

この状態になると患者さんもびっくりするけれど

 

それよりも俺が一番びっくりしている

 

人間の体って本当にすごいってね

 

このふわっと上げられないで

ぎこちなく上げていくと必ずどこかの場所でひっかかる

 

そうなってしまうと

 

「いたたたたっ」という人が多い

 

 

これではまったく意味がない

 

 

そういった部分も含めて治療をしっかり肘、手首、指と施術していく

 

これでもダメなら内臓の調節しかないかなって考えてる

首が痛む上を向くと痛い

こういった患者さんが何故か?多賀城市、七ヶ浜町では多い

理由はよくわからないけれど

んでこれについてご本人は

「上を向くときに辛い」と言われるが

俺からするとそうじゃなくて

首を振り向く動作をしてもらった

実はこれも出来ていないことがある

首の治療をする前に体を最初に見るべきは

首のカイセンという振り向く動作が一番首にストレスがある

 

簡単にいうとひねる動作

 

なんでもそうですけど体はひねる動作が一番ダメージを受けやすい

だから俺としては

首のひねる動きをまず最初にどうにかしなくちゃいけないって考えてる

これについても首の後ろを見てしまいがちなんだけれど

実は前側のくびのすじをどうにかしなきゃいけない

だから先におこなうのは首の前側を治療することなんだよね

全て検査をして治療した結果

正直3か所も痛いとこうかもでてくれるのかすら疑心暗鬼な部分もあったし

一か所一か所慎重にもなる

内臓の問題かもしれないし

あるとすれば左側が痛いというから心臓かな?なんて思っていたけれど

ダメならすぐに病院行って検査をうけるつもりだとのことでやれるだけやってみた

そしたら

しっかり痛みは減っていく

正直言えば完璧じゃない

まだ少しは痛むところもある

 

だけどそれよりも検査通りに痛みが止まってくれる

これは検査は間違っていないっていう証明でもあったんだ

ただ当日だけ良くて夜には痛みがぶり返すという人もいる

これも内臓が問題ならばすぐに復活してくる

終わったあとも手が抜けない

施術が終わっても気が抜けない

さっきも書いたようにまた痛みが出てくれば意味もないからね

だから一晩たってメールをしてみた

そしたら、

「今日になっても痛みはでてこないし、ひどくなってない」

って返信が来たんだ

おれは心の中でガッツポーズをとった

やっぱり治ってくれるのってうれしいし、整体でもなんとかできるもんなら何とかしてあげたい

これはいつも思っている事なんだ

まとめ

今回は内臓に原因がなかったからうまくいったいえる

実際は体の中身をみてみないとわからない病気だってあるかもしれない

なので不安なら一度病院で血液検査などをしてもらったうえで来てほしい

これはあなたのためでもあるので

それでも原因がなかったら一度電話してほしい

俺なら期待に応えられるかもしれない

 

あなたが今までのやり方で良くならない事でお悩みで

当院に行こうか迷っている。

または気になっているけれどもまだ抵抗があってどうしようと悩んでいて

腰痛、肩こり、坐骨神経痛、股関節、頭痛でお困りならばまずはご登録してみてください

ラインでも情報を発信しています

友だち追加数

 

 

 

 

貴方の腰痛、坐骨神経痛、首の痛みなどを一気に解決できちゃうかも

初めましていつも記事を読んでくださってありがとうございます

宮城県多賀城市で整骨院と骨盤屋というお店を営業しています

僕は腰痛や座骨神経痛、そして股関節の痛みについて悩んでいる人たちに何かお手伝いができればと思ってお店を作りました

病院さんや他院さんでも様々な事で努力なさっていると思いますし、理解もしていますので、それについて否定しているわけでもありません

ただ、どうしてもよくならない症状にはどうして治らないのか?を解明していかなければ結果的にあなたの痛みや辛い症状は続きます

そんなあなたのお役にたつ施術をしています

 

 


骨盤屋のホームページはここをクリック

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*