今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

自分で行う骨盤矯正のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

よく聞くようになった骨盤矯正、骨盤矯正を自分でやる場合、本などに書かれているものやタオルを使ってやったり、ストレッチみたいな形でやったり、動画でもみるだけでセルフで行うものから

お店に行けばバキバキされたり、ゆらゆらされたりとさまざまです

それでは、自分で行う骨盤矯正とお店にいってされる骨盤矯正って何が違うのでしょうか?

今回は自分で骨盤矯正を行った際のメリットとデメリットの違いと骨盤矯正はどんな時に行うべきなのか?を書いていきます

自分で行う骨盤矯正のメリット

  1. お金がかからない
    自分で行うわけですし、店に行けば3000円から10000円ぐらいとられたりしますのでこの辺は金銭的メリットですね
  2. 時間の節約
    お店に行ったり予約をとったり自分都合で動けない人には自分でできる骨盤矯正は能率がいいです
  3. 腰痛や肩こりの予防につながる
    そもそもは体を痛めないようにするための骨盤矯正なので健康志向な人ほど自分でできるのは魅力ですよね

 

骨盤矯正を行うデメリット

痛めた時は全て自己責任、当然ですがいい場合もあれば痛める可能性もでてきます、自分で行った骨盤矯正で痛めて病院に通う羽目になる事も十分考えられます

かえって酷くなる事もありえます、本や動画の内容が自分に当てはまらなかった場合はやはり効果がないです、また人によっては、腰痛もちの場合は行わないほうがいいこともあります

骨盤矯正をお店でしてもらう場合

からだの構造を知っている先生いる場合ですが、最初に骨盤矯正を行うか?行わないのか?きちんと判断してくれます、必要ないならやらないのがプロです

腰痛や姿勢も骨盤矯正だけではよくなる人もいれば肩こりが原因で姿勢が悪くなったりしている人もいます、適材適所に判断してくれるのがプロ

ただ中にはなんでもいいからやっちゃいましょうという人もいるので、きちんとあなたが納得したうえで骨盤矯正を行ってもらうようにしてください

 

骨盤矯正を行う際はどんな時がいいのか?

まず腰の痛みがひどい時にはお勧めしません、冷やしたほうがいいです

骨盤矯正は体の傾きを整えるテクニックです、なので鏡を見た際に肩が下がっていたり、足を組んだ時に組めないという場合は適応と言えます

 

まとめ

メリットは金額や時間がかからない

デメリットは、痛めた時は自己責任

お店に行くときは術者の言い分に納得した場合のみにしてください

適応は、足をくんでみて片方が組めないとき、腰痛があるときは行わないこと

以上です

そろそろ普通の生活ができるようにしませんか?

笑顔になれるとか、やりたい事をやれる・・・・・こういった事を望まないといけない!

そんな事ではなく特に変わらない日常

当たり前の事かもしれないけれど

「家族が健康でたまに小さな悩みはありますが、特に何不自由なく生きていける」

僕にとってはこれが実は一番大事なのですがあなたはどうでしょうか?

今あなたはこれができてますか?

もしできていないならそれは辛いですよね

でももしかしたらちょっとした事

あなたは痛みがなくなりいつも通りの生活ができちゃうかもしれません

特に痛みもなく心配事もちょっとはあるけれど安定している日常

そしてついでにやりたいこともやれちゃう挑戦できる日常

あなたがこれをあっさりできてしまいます

興味がある方は下のホームページまでお進みください

 

貴方の腰痛、坐骨神経痛、首の痛みなどを一気に解決できちゃうかも

初めましていつも記事を読んでくださってありがとうございます

宮城県多賀城市で整骨院と骨盤屋というお店を営業しています

僕は腰痛や座骨神経痛、そして股関節の痛みについて悩んでいる人たちに何かお手伝いができればと思ってお店を作りました

病院さんや他院さんでも様々な事で努力なさっていると思いますし、理解もしていますので、それについて否定しているわけでもありません

ただ、どうしてもよくならない症状にはどうして治らないのか?を解明していかなければ結果的にあなたの痛みや辛い症状は続きます

そんなあなたのお役にたつ施術をしています

 

 


骨盤屋のホームページはここをクリック

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*