今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

セルフケアをしてもまだ肩が痛い、首が凝るは自律神経

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宮城県多賀城市骨盤屋の加藤です

自律神経失調症というよくわからない病気がありますが、実はこれ肩こりも引き起こすことがあります

今回は自律神経でおこる肩こりの種類と当院で考える施術法を書いていきます
誤解のないように先にお伝えしておきますと
必ず自律神経が首コリ、肩こりを引き起こすわけではございません

自律神経由来の肩こり、肩の痛みはこんな状態

自律神経由来での肩こり首の痛みというのは基本的に、「簡単に治る」
といったものではありません
何故なら

すでにこれを読んでいるあなたは色々と試してきたのだと思います
マッサージや湿布、矯正などを行ってもすぐに元に戻りますしストレッチをしたといってもそれだけですべて解決
という状況はすでに過ぎています

また、症状事態もすぐに治るというわけでもなく、最低でも一年間は経過してるのではないでしょうか?
こういった場合自律神経を整える事が先決となります
自立神経を治すためには

体のだるさを解消してあげる事

食事

軽い運動

そして正しい施術を行う事これらが回復するのに重要になってきます

自律神経が原因の場合気を付けなくて行けない事

自律神経が関係している痛みは、なかなかとれません
たまに首がこっているから何とかしようと思ってマッサージなどをしたりしますが
なかなか効果も感じられません

とにかくだるい

自律神経に問題がある人の傾向をきいてますと
とにかく怠いのです

もうなんにもしたくないというほどではありませんが
安らぐ場所にいたとしても

例えば、お風呂なんかでも関係なく怠いのです

これと似たような状態があります

それがこれ

 

施術後は必ずだるくなる

施術後はかなりの確率でだるくなります
とにかく眠くなる
立てないぐらい、そしてむしろそのままもう放置しておいてくれない?
って感じになります

あなたはどうでしょう?

マッサージなどを受けた後にシャキッとできますか?
もしできずに眠気が襲ってくる場合は自律神経由来かもしれません

自律神経由来の特徴

とにかく怠いの上に体にも特徴が出てきます

同業ならばわかるかもしれません

 

それが

 

とにかく体が張っているというわりに
筋肉がだるだるなのです

もうすんごいだるだるです
普通凝っているとかはっているという人ってめっちゃくちゃ緊張していたり

「あーこれ一筋縄ではいかないなぁ」と思うんです
でもだるだるの筋肉の人って

がっしり緊張しているのかと思えばそうではなく、真逆です

そしてマッサージしている人からすればこのように感じます

それがこれ

「もんでも意味があるんだろうか?」

と。なります

自分の経験論

 

僕自身昔は温泉場にいてマッサージもしていたこともあるのでわかるのですが、
当時もこういった症状のひとが来ていました

それについていつも思っていたのが

「なんでこんなにほぐれているのに体が辛いというのだろう?」
という不思議な感覚になります

暖簾にうでおし状態です

ご本人はつらい辛いというのですが、正直いくら揉んでもきいてる感じがしないのです
しかし僕は焦ってきます

その結果

ほぐすのが仕事なので、すでにほぐれている場合はどうすればいいの?っていう状態になるのです
もし仮に
はじめてこういうお客さんに入ってる同業やマッサージのお兄さん、お姉さんは困惑すると思います

「えっ?」となりますし

ここでさらに勘違いします、
それは中にあるコリの鎧を一生懸命とろうとしてしまう事です

そのコリの鎧を放置しておくんだ。そうじゃないと・・・・・

コリをとる。
この行為は仕事ですしとれなければ仕事になりません、しかし
これはものすごく無駄な作業になりますし、労力のわりには全くよくなってくれません、
それどころか
次回来た時にとんでもない現象がおこります

それがこれ

 

「もっと強くもんで」

そうです

次に来た時にさらにパワーアップしてきます
フリーザ様ですか?って言いたくなるのをこらえてもむわけです

こうなってしまうと元も子もありません
言ってみれば体の悪い人を作る工場になっていきます

それでは結局のところどうすれば肩の痛みや首の痛みがとれるのか?

そうですよね、それではどうしたらこの痛みが取れるのか?

過程を含めて結論を書くなら、「もまないで治してくこと

これが一番じゃないかな?と個人的には思っています
マッサージしても酷くなりますし、痛みやだるさはとれない
この前提は変わらないわけです
だったら最初からもむのではなく、ぼくならば別の方法を使います

もまずにとる方法

もむ、温める、冷やすこのどれかさらに言うのなら矯正でしょうね
この中でどれが自律神経に有効なのか?
個人的に考えてみると

「やっぱり矯正かな」って思います

ここって賛否両論あるとは思いますけれど、

例えば「矯正が怖い」とか「バキバキされるのが嫌だ」
など、治療法事態があまりなじみがないので余計にそう思われてしまうんだと思います
ですが、結果的によくなっていけばそれでもいいのではないか?
というのが持論です

まずどうやったらよくなるのかを最善に考えるべきかなと

だいたい歯医者に行こうがヘルニアの手術をしようが、選ぶうんぬんで行けるのは症状が軽いほうでして
心臓の手術などの場合はそうも言ってられないですし
不妊治療に関しても体外受精や、人工授精など種類はあっても有効でなければステップアップいていくしかないかなと
思うわけです

こういった際に気になるのは?

「どれが早く治るのか?」

または

「副作用や経過はどうなのか?」

ということではないか?と

自律神経由来の肩の痛みや腰痛、首の痛みっていうのは
なかなかご自身では気づかない事もあるわけです

何故なら

これが自律神経由来だよ

って見つけてくれる人もいないですし見つかったところでどうすればいいのか?
解決方法があるわけでもありません

ストレスと自律神経に関して

これにも疑問を呈するのが
元来ストレスがないひとなどいるのかな?
って僕は考えています

何をやろうがストレスなんてのは人との摩擦で出てくるわけです
解決したと思っても次の問題がまた出てくる
これもきりがないです

気にしてしまう性格でしょうし、他人の言動が耳につくことだってあります
また会社にいけば上司もいます
だったらストレスに打ち勝つという行為をするよりも

その中でストレスをだすことなく働いていくスキルも必要になる
と僕は思うわけです

それではストレスを気にしない方法は?
というと

簡単に言ってしまえば

ストーリーを始めない事です

 

ストーリーとは?

自分が誰かに「つかえない」とうの言葉を言われたとします

そうなるとストレスに弱い人の思考は
「気にしないように、気にしないように」
装いますが結局また気にするわけです

そしてそのあとも尾をひきますし、あの時にアー言われた

なんてのも考えてしまうと

自分がだめなんだと嘆く形になります

で、この流れのままでいくと、ストレスで夜も寝れなくなってしまう

これがストーリーです

ストーリーはすごく自分の消化に役立つと思うかもしれませんが
その悩む時間があったら別の事を考えていたほうがよっぽどいいわけです

3か月間ぐちぐちなやむのと

一日だけ悩んで次につなげるのでは

ストレスがないと感じるのはどちらでしょうか?

僕ならば後者です

人に好かれようとするとストレスはたまる

人に好かれる行為はすごく素晴らしい事そんな風になっている風潮がありますが
案外そうでもありません
僕自身は確かに周りには助けてもらっています
ですがお金のことなどで困っても誰も金を貸してくれるわけでもありません
いくら信用をたくさん作っても結局助けてくれるのは
利子を払う事で貸してくれる銀行などです

助けてもらうこと自体は悪い事でもないのですが、

何かをしてあげたら~

という条件で仲間を作っていると恩着せがましくなっていきますし、これもお互いに本意ではないかもしれません

あなたは自律神経の問題で仮に肩の痛みが出ていたとして
友達に相談しても仲間がいたとしても結局は解決できないと思います

なぜなら
その友達は治すすべをしらないからです
解決するためには解決できるところに行くしかありません

こういったことをかんがえてみると冷静になれるのではないか?
と僕自身は感じたのであえて書いてます

まとめ

自律神経を治すためには矯正が必要
肩の痛みや首の痛みは揉まない事
相談する相手を間違えない事

 

これを守ってみてください

きっと変わると思いますよ

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

貴方の腰痛、坐骨神経痛、首の痛みなどを一気に解決できちゃうかも

初めましていつも記事を読んでくださってありがとうございます

宮城県多賀城市で整骨院と骨盤屋というお店を営業しています

僕は腰痛や座骨神経痛、そして股関節の痛みについて悩んでいる人たちに何かお手伝いができればと思ってお店を作りました

病院さんや他院さんでも様々な事で努力なさっていると思いますし、理解もしていますので、それについて否定しているわけでもありません

ただ、どうしてもよくならない症状にはどうして治らないのか?を解明していかなければ結果的にあなたの痛みや辛い症状は続きます

そんなあなたのお役にたつ施術をしています

 

 


骨盤屋のホームページはここをクリック

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメント

コメントを残す

*