今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

保育士さんと腰痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宮城県多賀城市整体骨盤屋の加藤です。

保育士さんという仕事はとても大変ですし、お手当に関しても望むようなものではなかったとしても、
子供のころからの夢だった

という人も中にはいます。

特に女性!

そんな夢のあるお仕事ではありますが、
実際は腰痛になってしまったり肩が痛いなどなかなか大変な職種ではあります。

夢のある仕事だからこそ

せっかくついたお仕事なわけですし、辞めたくはないと思います。
ですが腰痛になったことで仕事がきつく感じたり今度は、痛みとの戦いを始めていくともう大変!

何より他人の子供は特に大事に扱おうという気遣いも必要です。

子供同士のけんかや親が間に入ってきてわちゃわちゃとしてしまうと板挟みなんてこともあったり!

まぁこういった事を通しても子供の笑顔が全てを解決してくれればいいのですが、そうとも言い切れないのが、痛み。

保育士さんでも若いうちだとまだ頑張れるのかもしれませんが、年齢を重ねていくと

やっぱり疲れちゃいますよね・・・・

正直言えば手を抜けるところは手を抜きたいなんてことがあってもいいとは思うんですよ。

毎回子供は全力ですから。

そして教育も少なからず求められてくるとも思います。

腰痛になると朝になって立てない事も

頑張りすぎると必ず負担が来ます。

それをかわせればいいのですが、かわし方も難しくなってくるのが、年齢という壁です。

こうなってくると自分のお子さんにも手をかけてあげられない事も出てくるんですよ。
それが原因で旦那とも喧嘩したりして

ってなってくると治る腰痛も治らない。

保育士さんは結構ストレスを抱えている。

保育士さんてストレスを抱えているなぁってよく思います。
なんの職業でもそうですが、相手と話したりやり取りすることって感情があるから余計にかもしれません。

こういった事を考えると必ず先に話を聞くようにしています。

なぜか?

誰も話を聞く人がいなかったりするからです。
男の場合は、ついつい嫁や彼女に色々ぐちぐち言うんですよ。

それで嫁がどうのこうと言い始めると、都合のいいように聞かないんです。

ええ聞いてないんですよ。

だからよくある靴下の場所すら知らないっていうのがよくあります。

10人いれば7人ぐらいは嫁任せです。

でも男からの反論があるとすれば、

「俺はこういうやつだ」と持論を展開します。
そしてご免が言えないぼんくらです。

何かでてっぺんをとった気になっているという思考です。

仕事がといいますが仕事をするのは当たり前の話です。
稼げないやつと一緒にいてもどうしようもないでしょうに?
話を聞ける男がいないので僕のなかで患者さんに興味があることをちょいちょい聞くわけです。

なぜって?
ぼくは自分のところにきてくれる患者さんにめちゃめちゃ興味があるからです。

これについて別に男だからとか女だからという事ではありません。
単純に僕は嬉しいから聞くのです。

そして知りたいから聞くのです。

そうしてくると腰痛の原因も見えてきますし、僕は治すことが仕事ですが、患者さんって実はそれ以外にも小さなわだかまりをいつも抱えています。
そういったものはだすべきだよって言ってます。

なぜなら

結局誰かと住んでいても実は一人ぼっちだったりするわけですよ

 

 

 

 

 

貴方の腰痛、坐骨神経痛、首の痛みなどを一気に解決できちゃうかも

初めましていつも記事を読んでくださってありがとうございます

宮城県多賀城市で整骨院と骨盤屋というお店を営業しています

僕は腰痛や座骨神経痛、そして股関節の痛みについて悩んでいる人たちに何かお手伝いができればと思ってお店を作りました

病院さんや他院さんでも様々な事で努力なさっていると思いますし、理解もしていますので、それについて否定しているわけでもありません

ただ、どうしてもよくならない症状にはどうして治らないのか?を解明していかなければ結果的にあなたの痛みや辛い症状は続きます

そんなあなたのお役にたつ施術をしています

 

 


骨盤屋のホームページはここをクリック

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*