今すぐお電話料金や詳しい詳細
Powered by Massimo Salerno

僕の経営論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

加藤です

経営って難しいって思わなかった時期があります

それが開業し始めたときです

27歳

年齢にして遅いほうでした

僕は何年か普通に就職してましたし、営業畑だったり

バイトなんかもやってました

なかなか食えない時期も続いてましたし、整体の学校にも行ってたりして

温泉マッサージでもしながらこのまま終わっていくのも悪くないなぁって思ってました

給料もそこそこもらえましたし

お客さんが来ないという事もない

だけどそのままでは、なんとなく嫌で

結局専門学校に行って今に至るわけですが

「開業してもすぐにお客さん来るよ」

って簡単な感じで当時は考えていて

技術も勉強しているから何とかなるでしょう

って思ってました

様々な人たちも言ってるけれどそんなに甘くないし

何より

食えない現実と、自分の迷走が今にして思えば失敗の始まりでした

 

こういうのをみていて思うのは

「人は簡単に雇うもんじゃないな」

って今では思います

もし昔の自分に言えることがあるとすれば

もっと仕組みや立地にこだわれよ

と言いたい

結局は場所が凄くウエイトを占めますし、人通りが全くないってことは

簡単に死ねます

今は情報を発信しているからいいなんて言ってっても認知されるまでは、努力の連続です

 

具体的に

実験して修正して、また実験しての繰り返しです

いつまでたっても尽きないわけです

そういうスパイラルになりたくなかったらいち早く、

仕組みを作ることをお勧めします

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

プロフィール



ホームページ

宮城県多賀城市で腰痛を治す男、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなど、痛みの原因はそこじゃないという発言をして結果をだす

加藤幹(かとうもとき)

コメントを残す

*